FC2ブログ
< 2013年03月 >
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

chibaphil

Author:chibaphil
千葉フィルハーモニー管弦楽団は、千葉県を中心に活動するアマチュアオーケストラです。音楽監督兼常任指揮者に金子建志を迎え、ベートーヴェンからチャイコフスキー、ショスタコーヴィチなど、幅広い選曲でパワフルな演奏を行っています。特に、金子氏の研究に裏打ちされたマーラーやブルックナーの演奏については、アマチュアオーケストラファン以外からも高い注目を集めています。毎年1月の演奏会と8月のサマーコンサートを実施していますが、あえて定期演奏会と冠することなく、初心を忘れない真剣勝負で演奏会に臨んでいます。

千葉フィルハーモニー管弦楽団の詳細については、http://chibaphil.jp/ をご覧ください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

03/17のツイートまとめ

2013.03.18 03:39|Twitterのまとめ
chibaphil

そしてラフマニノフの交響曲第2番。3楽章にはクラリネットの長い聴かせどころのソロがあります。 http://t.co/1yPQsMtOzR
03-17 20:51

レスピーギ「地の精のバラード」は楽譜が! http://t.co/hoh9gjaylv
03-17 19:00

練習開始!まずはチャイコフスキーのイタリア奇想曲から http://t.co/wNKNiMgYxQ
03-17 18:09

いよいよ本日より練習スタート、17時から青少年女性会館にて。17:30- チャイコフスキー、18:10- レスピーギ、19:10- ラフマニノフ http://t.co/po67erd22m http://t.co/NLsPKoOMh3
03-17 14:29

スポンサーサイト

Facebook広告って効く?

2013.03.03 19:19|広報研究
Facebook広告というのは、Facebookを開くと右側に出てくるあれです。Facebookで広告を打ったら、こんなに集客できた、とか、こんなにイベントが盛り上がった、なんて話を聞きますが、実際のところどうなんでしょう。

千葉フィルでは、Facebookに千葉フィルページを作成し、徐々にFacebookを使った広報活動を展開しつつありますが、先の演奏会直前に、少しだけ予算を確保して、Facebook広告を実施してみました。これは、あくまでも広告の有効性を確認するためのトライアルであり、実際にここから集客しようとしているわけではないので念のため。

もし、本格的にFacebookで集客を行おうというのであれば、もう少し準備が必要に思います。

Facebook広告の始め方
すでにFacebookページがあるのであれば、しばしばFacebookの方から、「広告やりませんか」と、ことあるごとに勧誘してくると思います。投稿に対して「宣伝する」という表示が出る、あれです。

Facebookページを管理者が表示すると、右側に「Facebookページを宣伝」というボタンが表示されます。これをクリックすれば、Facebookページのいろいろなものを宣伝する広告を作成できます。


ボタンをクリックすると、次のような画面が表示されます。


このページに表示されたオプションを見れば分かるように、ページを宣伝するか、ページの特定の投稿を宣伝するかが選べます。演奏会を宣伝したいなら、ページを宣伝し、リンク先をイベントとします。

広告の要素は3つです。
  • 見出し(25文字)
  • テキスト(90文字)
  • 画像(100x72)
いずれも、かなり制限された量なので、言いたいことを簡潔に言うことと同時に、相手の目にとまることを意識する必要があります。

さて、広告の対象ですが、主に2つあります。
  • 友達を通じた宣伝:すでに自分たちのFacebookページに「いいね!」をしてくれていたり、新たに投稿するコンテンツに対して「いいね!」をしてくれる人を経由して、その友達に広告を表示することができます。おそらく、友達の友達も同じ趣味を持っている人が多いと予想されますので、これは効果大です。これを有効にするには、「スポンサー記事」の箇所で、オプションを有効にします。
  • 広告の対象を指定して宣伝:おそらくFacebook広告というとこちらのイメージのほうが強いのではないかと思います。プロフィール情報を使って、特定の対象に効率よく広告を出せる!でも、皆さんお気づきだと思いますが、あまりこれはうまく機能しません。ひとつの理由は、多くの人があまり詳細なプロフィールを入れてないこと、もうひとつのは、選択できるプロフィール情報に偏りがあることです。
    実際千葉フィルの広告実験では、千葉県(Chiba)在住の18歳以上という非常におおざっぱな設定で実施しました。それでも対象は、30万人ほどです。
後者の対象を選択する画面がこちら。


さて、最後に予算ですが、千葉フィルでは、2000円という非常に限られた予算で1週間ほど実施しました。予算は、最初に設定しておいて、上限が来たら終わりですから、使い過ぎということはありません。ただ、設定した予算で、期間内に表示され続けるかどうかは、実施中頻繁にチェックして、予想よりも早く減るようなら、対象をしぼるとか、予算を追加するなどの措置を取る必要があります。

ちなみに、支払はクレジットカードのみです。完了後に領収書も発行できますから、事後清算が可能であるなら個人のクレジットカードで立て替え、ということもありですね。

Facebook広告のツボ
千葉フィルで広告を実施してみて、結果はどうだったかというと、いくつか面白いことが分かりました。
  • 広告の審査は、西海岸時間らしい:広告を作成すると、Facebookの審査待ちになります。つまり、この審査が通らないとFacebook広告は表示されないのです。そして、困ったことに一旦審査が通った広告でも、少し直すと、再び審査待ちになり、広告は非表示になってしまいます。では、いったいいつ審査は完了するのか?どうも審査完了通知は、日本時間の夜中から朝方に来る傾向があるようです。これは米国西海岸時間では?あくまでも推測ですが、広告の変更は、夜遅くにやったほうがいいようです。
  • 出だしは広告、そのスポンサー記事で増殖:先ほど触れた2つの広告対象。最初に反応があったのは、対象を指定した広告でした。というのも、母数が圧倒的に多いから。友達を通じた宣伝は、千葉フィルに「いいね!」をしてくれている人からの伝播なので、そもそも母数が少なく、効果はあまりありませんでした。ところが、広告によって「いいね!」をしてくれた人が増えると、。友達を通じた宣伝が効果を発揮し出します。もともと対象を指定したといっても、あまり細かいセグメント分けまではできていないので、友達の友達のほうが、優良なセグメントというわけです。最終的に「対象を指定した広告」のインプレッション数が5,458回なのに対し、「友達の友達」は15,614回。クリック率も、0.257%に対し、0.602%と高率でした。
  • 広告期間中の投稿が広告効果を高める:「友達の友達」が有効なら、友達に「いいね!」してもらうことが、広告露出拡大の一手ということになります。ということで、広告期間中に興味を引く投稿をすれば、かなり高い効果が得られるということになります。実際、千葉フィルでも、演奏会直前というタイミングを狙ったため、連日の投稿に対して、多くの人が反応しました。
千葉フィルの場合、直接演奏会に呼び込むことを目的とはしなかったため、タイミング的にも果たして演奏会告知効果がどのぐらいあったかは不明です。しかし、Facebookの千葉フィルページの「いいね!」数は1週間で60ほど増やしましたので、次のメッセージを伝達するチャネルが開拓できたといえるでしょう。

3月になりました。千葉フィルのオフも終わりが近づく!

2013.03.02 09:26|演奏会
昨日は春一番だったそうで、道行く学生も「春の香りがする!」と粋なことを言っておりました。

さて、千葉フィルは1月の演奏会が終わってから、長いシーズンオフが続いておりまして、3月17日の初見大会まで、約2月がお休みです。夏から冬にかけては、練習期間が短いため、オフもなく、すぐに次の演奏会の準備が始まりますが、冬から夏にかけては、7ヵ月の間があり、このような長いオフが入れられるわけです。

オフ期間中とはいえ、しっかり個人練習に励んだり、別のオケに出演したりと忙しく演奏活動に励む団員も多く、まったく楽器はお休みです、という人は少数派のようです。

千葉フィルの夏の演奏会は、以下のとおり。

第25回サマーコンサート
  • 日程:2013年8月11日(日)
  • 会場:習志野文化ホール
  • 指揮:金子 建志
  • 演目:
    チャイコフスキー 「イタリア奇想曲」
    レスピーギ 「地の精のバラード」
    ラフマニノフ 交響曲第二番
現在、この演奏会に出演する、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの団員を募集しています。詳細はこちら